1. 無料アクセス解析
僕のガレージにポルシェが入る日
平凡な車好きが、日々の出来事や考えた事をときどき記録するメモ書きのようなブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現実的なVW


先日、フォルクスワーゲンのディーラに行った。
その数日前に、たまたますれ違ったゴルフVIをみて興味が湧いたのだ。
実のところ、ゴルフのモデルチェンジはまだまだと感じていたが、ゴルフVはもう5年経っていた事に驚く。
 
GTI等の独特のフロントデザインは、どうなんだろう?と感じていたが、慣れてくると良くも見えてくるモノだった。でも新型はあっさり捨て去ったのが疑問。
世界的に評判が良くなかったのか?
 
ではそのVIのデザインはというと、ゴルフにしては鋭い。
人相悪い感じで親しみやすさが無くなったように感じる。
リアデザインもゲートの開き方を無視したラインのテールランプは遊びが無くつまらない気がする。
無個性そんな印象が僕にはするが、逆にそなんな木訥さがゴルフっぽく感じはする。
 
室内は相変わらずシンプルで素っ気ない。
さわる部分の質感は良い。
 
少し広いけど、包まれる感じもある運転席。視界も良い。
ゴルフVのガラスの歪みはなくなったようだ。

気前よく試乗もさせてくれたので走りを楽しませてもらった。

乗ったのは1.4TSIのハイラインという上のグレード。
1.400ccとは思えない感触は2年前に乗ったTSI同様。
力強くて俊敏で、それでいて良い意味で軽くない。
すごいシステムで、優れた技術力だ。
何も不満点はないので、意地悪に見て気になったのはパーシャルスロットでの平地走行ではブルブルと低音の振動があったこと。
ギアのせいだろうか、それとも燃焼が薄いのか…。
 
違うと感じるのはあのときよりも静かだったこと。
遮音はしっかりされているようで、ガラスにも遮音フィルターを挟んでいるとのこと。
ロードノイズも良くおさえられている。
そういえばあのときは一回り小さな車に感じたけれど、今回はそうでもなかった。
地味でもちょっとだけ豪華になったと感じる室内のせいか?
 
ブレーキはそんなに強く踏むこともなくどうなのかわからないが、コントロール性の良い感じで効きもよかった。
 
囲まれている骨格の堅さのような安心感はゴルフ独特な感じ。
まじめで地味な感じは変わらないが、嫌いになれない。嫌いになる必要もないのだが…。
 
でも、本当のところゴルフを毛嫌いしているところがあった僕。
しかしだんだん受け入れ始め、いいかもなんて思い始めている。
価格はやはり高めだが、それに見合う満足感はありそうだ。

さて、タイトルを「現実的」と書いたのには訳がある。
それは数日後に着たDMが誘ってくれた日のこと…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dreamgarage.blog95.fc2.com/tb.php/76-fae0f27f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。