1. 無料アクセス解析
僕のガレージにポルシェが入る日
平凡な車好きが、日々の出来事や考えた事をときどき記録するメモ書きのようなブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベルファイア体験記
VELFIERsilver.gif
先日、平日3日間ヴェルファイアのモニターを終わらせた。

今回貸し出してくれたのは予想通り2.4リッターAWD。
試してみたかったセカンドシートは3人がけで、楽しみたい物ではなかった。

3.5リッターではないので、インテリジェントAFSのような支援技術はない。
当然高価なOPであるプリクラッシュセーフティーシステム、レーダークルーズコントロール、レーンキーピングアシスト等々はついていない。
ただしこの車、S-VSCはグレードに関係なく標準装備である。

乗ってみてだが、静かで、ふわーと動く感じは最後まで感じていた。
たまに仕事で乗るハイエースの幅広ボディと比べると小さいが、低い乗用車の姿勢で長いダッシュボードを超えて眺める視界からはそれより大きく感じた。
後ろ感覚はつかみやすかったように思う。
ちなみにウチの前でまわしてみたが、レガシィより小回りが利いた感じがした。

乗り心地は趣味もあると思うが、この手の車としては脚が良く動き、それでいて節度もあって不快感は少ないのでは?
段差を超える時のショックは良いじゃないだろうか。

ロールを嫌い、サスを固め車高を低くするオーナーも多いようだが、こういう車ではそれにも程度があると感じる。
スポーティなドライバーズカー感覚を持ち込む理由は違うだろう。
そうなると、同乗者の快適性とは何という疑問もわく。

僕自身はノーマルで十分。
好みを少し入れるなら良いサスで脚の動きをスムーズして、ほんの少し固めなら良いのかなと感じた。
見栄えのために、大径ホイール、ローダウンは確かに様になるが、せっかくの性能をスポイルするのはもったいない感じがする。

気になった点としては、パーシャルスロットでブーと震えること。この個体だけなのだろうか?
だいたい1000回転のちょっと上から2000回転以下で発生する。
燃費もわかるが、一番スムーズに動き心地よく感じる速度でこれはなんだか…。
思わず設定変えるボタンはないか探したくらい。

CVTの感触も良かった。マニュアルモードもいい感じ。
ハンドルのパドルシフトは無いが、フロアシフトがハンドルのすぐ横で、不便は無かった。

パワーは十分だった。
逆にこの大きな体積が猛スピードで加速する様はちょっと怖い。

冬道の走行で、運転位置が高いところにあるので、普段低い車に乗り馴れた自分には、滑り出しそうな感覚があり怖かったが、実際は結構なスピードで峠道を走行できていた。
圧雪、アイスバーンと走ったが、滑った記憶は無い。
多分S-VSCは機能しなかったと思う。
そこを考えると、意外と外観から予想するイメージとは違い、運動神経がいい車なように感じて来た。

さて、僕はこの車をどう思うかであるが…。
3日間でみごとに感化された感じがする。
毛嫌いするほどの乗り物ではないなと。
でも、僕はコレをまだ所有しようとは思わない。

僕が車を選ぶ基準は(好み)はここじゃないのだ。
反応がいいことや、自分にダイレクトな感覚が多いことが求めるところであったり、絶対的速さではなく、軽快さとか、爽快感などその速さの質感に求める物がある。
ヴェルファイアの大きな体積をふわっと浮かせるようなスピード感も面白いが、今はあの高い目線から感じるスピード感には惹かれない。

それと、同乗者との空間の共有に関する感覚も僕にとっては考えるところだ。
同乗者には、自分と同じ目的で同じ感覚で乗っていて欲しいというところがあり、かといっても独りよがりな運転も多いが、目的地に着くまでの風景、話題、雰囲気は共感して欲しいし共感したい。
今回ミニバンに乗って思ったのは、僕にとって後ろとの空間に距離があり過ぎ、それぞれにパーソナルな空間があるのが逆に寂しく感じる。
同乗者にくつろげる空間を作り、みんな移動中は自由に快適に過ごしてくれ、というもてなしは僕には思い浮かばない。
僕に優しさが少ないのかもしれない。

あとジャンルとしてだが、この車のステータスとしての捉え方も僕の方向ではい。
大きくて、豪華な装備で、きらびやかなドレスアップ。
実はそんな系統を好む要素は僕にもあるが、「どうだ」と思わせたいところは今の僕には違うところにある。
ついでに、オーナーには申し訳ないが、高級というには上っ張りの高級感だけで、本質はそうでもない感じがする。
ブランド物で身を固めていても、吊るしものでは高い量産品を手に入れただけと感じるのだ。
ま、僕はそんなヴェルファイアも手に入れるのが難しい身分だけど…。

今回、擬似的にミニバンオーナが体験でき、どんな気分でこの車を所有するのか一部でも感じられたことは良かったと思う。
機会を与えてくださったNetzトヨタに感謝します。

ちなみに、どうしても多人数乗れるワンボックス車が必要なら、エスティマかハイエースを選ぶと思う。
フォルムの好みと使い勝手で考えるとこうなるのだ。

そうそう、田舎で台数みないからと思うが、コンビニの駐車場では結構注目された。
ヤンキーぽいボーイズ/ガールズにはガン見され、
「マジヤバい」
と言われた。
あの2段のつり目は彼等のハートを掴むみたいね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dreamgarage.blog95.fc2.com/tb.php/67-72e734ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。