1. 無料アクセス解析
僕のガレージにポルシェが入る日
平凡な車好きが、日々の出来事や考えた事をときどき記録するメモ書きのようなブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タタ ナノ偉大な大衆車になるのか?
tata.gif

先日、ジャガー、ランドローバーを買収というニュースが流れ、未だにつづくイギリスブランドの納まり不安定さを感じた。

今回ジャガーとランドローバーを買収したのはインドのタタモータースだった。
最近のインドは高度成長で、上向きの国と聞いているが、そんなにすごいのか?
この買収ニュースで、僕がインドに抱いていたイメージとは違うインドを知らせれた様に感じた。

タタといえば、1月に、10ルピー(約27~28万円)の車をナノを発売する事を発表した事が記憶に新しい。

本当にそんな値段で、自動車が出来るのか?

一時期は、原付バイクの動力を利用したマイクロカーではという噂もあったようだが、全長3m強で、大人4人を乗せる車を発表した。
エンジンは2気筒623ccをのせた、立派な小さなくるまだった。

ラジオ等装備もなくした他、内張の省略、生産工程の簡略、同社共通部品の大量仕入れ等でコストを下げたらしい。

もちろんパワステや、ABSなんてない。

ではなぜ、好調なインドが今こんな装備も快適性も犠牲にしてまで、そして安全性も期待できない低価格な車を作る必要が?

[タタ ナノ偉大な大衆車になるのか?]の続きを読む
スポンサーサイト
大衆車に見せかけたプレミアムコンパクト
newfiat500pop.gif

NEWフィアット500観てきた。

NEWMINIに乗っている身として、この手の偉大な大衆車の現代版復刻版は興味がわく。
現代語で作られたフィアット500はそのなかでも気になるわけで、展示発表となった先日、早速観に行ったのだ。

展示されていたNEWフィアット500を観て一言目にでたのは「大きいな…」だった。
でも気持ちは、想像していたより小さく感じていた。

こんな言動と感覚が違うのは、ショウルーム入り口に、オリジナル(元祖?)のフィアット500が置いてあり、本当に質素に、小さくつられたその愛くるしいスタイルが、まず印象に強く残っていたから、口からは「大きい」と出てしまった。

でも頭の中には、既に持っていた様々な媒体からの情報と比べていた。
そして基準はウチのMINIが物差しとなっていた。

どうしても、MINIと比べてしまうので、偏りのある私見になってしまうが、率直な感想としては立派に出来た軽のように感じた。

[大衆車に見せかけたプレミアムコンパクト]の続きを読む

テーマ:フィアット車 - ジャンル:車・バイク

トヨタiQに思う
IQconcept.gif



昨年観に行った、東京モーターショウで、なかなか良いと感じていたトヨタiQが、いよいよ市販される。
日本で、市販されるかは不明だが興味がわく車だ。

以前僕はこのブログで、何でも大きくなれば良いのかと言う事を書いた。
モーターショウで観たiQはその答えの様な車だった。

大人は3人と定員を割り切っているが、子供なら更に乗せる事が出来るパッケージング。
家族が乗れる可能性は、2人乗りとはちがい、やはり目的範囲が大きくなる。(スマートやツインが劣っている言う話ではない。あれはあれできちんとした目的がある。)
そしてボディーデザイン、室内デザインが質感良く出来ている。
いや良く出来ていた。
[トヨタiQに思う]の続きを読む
BMWはセダンかクーペか…
先日、目の前に新型M3が走っていた。




昨年発表され、もうこんな雪降る田舎にも走る様になったのか…。
そんな事を思いながら、数キロその後ろを走っている間眺めていた。

やはり、僕にはあこがれの対象となるモデルだけに、その後ろ姿はとても魅力的。
なんでこんなにも雰囲気がいいのだろう。

でも今回は、ちょっとあこがれが薄い。
それはこの新型には、別のボディータイプが待っているからだ。
僕はその姿を一足先に見ていた。

それは東京モーターショウでだ。

[BMWはセダンかクーペか…]の続きを読む
ポール・フレール氏を悼む
いつも見ている自動車関連のWEBニュースで、ポール・フレール氏が亡くなったことが伝えられていた。
2月25日の事だった。

彼は自動車ジャーナリストだが、それも世界の第一人者と言えるだろう。
そして元はレーサー、そしてポルシェ911をいつも愛車にしている人でも有名。

porshe993.gif


CG(カーグラフィック)の誰の記したものだったか失念したが、911をものすごいスピードで走らせる人だったそうだ。そして、その911を誰よりも、高価なスポーツカーではなく、普通の車と同じ扱い乗っていたとか。

彼の記事はよく目にしたが、すこし手厳しいことが書かれている印象が多かった。

今回、この出来事を記に、CGの連載コラムをいくつか読んでみた。

意外と厳しい感じはしなかった。
でも、世界中の自動車メーカーとそれに関連する事柄を的確に解説し、現状と将来の予測を伝えていた。
不思議とル・マン24Hレースに付いての事が多かったのは、たまたま開いた号がその時期だったからか…。

いつもは何気なく読んでいるコラムだが、これからは読めなくなるかと思うと寂しい気がする。
それよりも、なんとなくポルシェのご意見番がいなくなったような気がしてならない。

ご冥福をお祈りいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。