1. 無料アクセス解析
僕のガレージにポルシェが入る日
平凡な車好きが、日々の出来事や考えた事をときどき記録するメモ書きのようなブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WRXSTiだって乗りやすく…
早速、土曜日に発表されたばかりのWRXSTiの試乗へ行って来た。
gh7stitest.gif

乗ったのは、WRブルーのOP鍛造ホイール付き。WRブルーだけはゴールドになるらしいが、ホイールのデザインは、この色が似合っていないような気がした。

内装にはこれもOPのレカロシート付き。
何ともツボを抑えたしように感じた。

さて乗ってだが、
[WRXSTiだって乗りやすく…]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:インプレッサ - ジャンル:車・バイク

真打登場…
東京モーターショウに先駆け、各メーカーから、注目度の高いニューモデルの発表が相次いでいる。
少し前にはランサーエボリューションXが出てそして今日24日、多分今年一番の話題だろうニッサンGT-Rが顔を見せた。

そしてタイミングが悪い事に、インプレッサWRXSTIも今日の発表だった。
ちょっと影の薄いスタートになったように感じるが、待っていた人たちには何よりも嬉しい知らせだったろう。
gh7sti.gif


 
さて、先のモデルチェンジで、大きく趣向を変えたインプレッサ。
あの好き嫌いが分かれたハッチバックスタイルは、例にならってドーピングされてきた。
フェンダーのすごみや、開口部の拡大、大きなはねもあり、迫力を増してきた。

それなりのトイぽいところもあるが、そんなに子供じみた感じがしない。
それどころか、張り出したフェンダーはラインが自然で、このデザインからこの車は始まったのでは?S-GTなどのベースグレードはそのあとに引き算で作られたのかと思うほどだ。
僕にはヨーロッパのハッチバックスポーツ、それも限定で出されるスペシャルモデルを連想させる。
良い印象だ。
しかし、そのようなモデルにありがちな、乗り手を選ぶ性能はあたえられてはいないだろう。
 
最近のスバルの考えは、しっかり固められたボディで、堅い乗り心地から、衝撃を受け止めうまく流すしなやかな乗り心地にスイッチしている。
メーカーのプレゼンを見ても、ガチガチの競技仕様一歩手前ではなく、なめらかな操縦を提供するタイプに感じる。
このSTIはどのような乗り味を提供してくれているのだろうか?
これは速く試乗して確かめてみたい。
 
そして、これがベースとなって、近い将来レースに姿を現す。
新しくなったランサーエヴォリューションと共に、どんな活躍をしてくれるのかとても楽しみだ。

テーマ:インプレッサ - ジャンル:車・バイク

乗り換えて1年


10月8日の今日、僕がBE5BレガシィB4からBL5DレガシィB4に乗り換えて一年経った。
事故も無く無事1年過ごせた。

走行距離は1万キロを少し過ぎたくらい。
僕としては少ない方だ。
何せ、前車BE5は納車1年で2万キロを越していたのだから。

職場が変わり、引っ越した事で使用条件が変わったし、当時は独身だった事もお大きな理由だろう。

さて、一年経った現在の思いだが、依然飽きていない。
六ヶ月のときの感想も書いたが、最近は体の慣れも深まり、気持ちのよいフィールを更に楽しんでいる。
固めの乗り心地だが、サスもこなれて旨味が出てきているところか。

そういえば前回の記事はスタッドレスタイヤだったときのことだった。
納車されて1ヶ月ほどはサマータイヤだったが、馴れぬうちに冬、そのtuned by STiの力量を十分い発揮されないで5月まで乗っていた。
それから更に5ヶ月、今回は更にいろいろな事が感じ取る事ができた。
[乗り換えて1年]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。